正誤問題について④(平成28年問56~60)

問56問題文

 コンクリートの圧縮強度が高くなるほど、引張強度の圧縮強度に対する比(引張強度/圧縮強度)は小さくなる。

 

 

 

 

問56解答と解説

  正しい。

  • コンクリートの引張強度と圧縮強度の比は一般的に1/10となっており、高強度となるとその比は1/13~1/15と小さくなる。

 

 

問57問題文

 骨材の弾性係数が小さいほど、コンクリートの乾燥収縮ひずみが小さくなる。

 

 

問57解答と解説

 誤り。

  • コンクリートの乾燥収縮ひずみは、セメントやモルタルの大きな乾燥収縮ひずみが骨材が拘束し、コンクリートの乾燥収縮ひずみを示す現象ととらえることができる。
  • そのため逆で、骨材の弾性係数が大きいほど、乾燥収縮ひずみは小さくなる。

 

問58問題文

 高強度コンクリートの火災時の爆裂防止対策として、ポリプロピレンの短繊維を混入する方法は有効である。

 

 

問58解答と解説

 正しい。

  • 高強度コンクリートは火災時に体積膨張し爆裂することが分かっている。
  • 火災時の体積膨張の圧力を緩和するために化学系の短繊維が有効とされている。
  • その機構は短繊維が温度上昇に伴い溶出することで、その体積分だけ膨張圧を緩和できるとなっている。

 

問59問題文

 帯鉄筋の腐食に伴う体積膨張が原因となり、鉄筋コンクリート柱部材のかぶり部分に、帯鉄筋に直角方向のひび割れが発生することがある。

 

 

 

問59解答と解説

 誤り。

  • 柱部材が塩害などで劣化する場合、腐食は外周部の帯鉄筋に発生する。鉄筋は体積膨張を起こすため帯鉄筋に沿ってひび割れが生じるが、直角方向に最初のひび割れが発生するわけではない。

 

 

問60問題文

 プレテンション方式のプレストレストコンクリートポールの製造において、コンクリートの凝結の終結直後にプレストレスを導入した。

 

 

問60解答と解説

 誤り。

  • プレテンション方式のプレストレス導入は所定のコンクリート強度がなければPC鋼棒の圧縮力に耐えることができないため不適切である。
  • 正しくは所定の強度を確認したのちにプレストレスを導入する。

 

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp