プレストレストコンクリートについて②(平成28年問40)

問題文

 プレストレストコンクリートに関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。

  

選択肢

  1. 梁部材よりも柱部材に多く用いられる。
  2. プレテンション方式は、定着具によりPC鋼材を部材端部に定着する工法である。
  3. ポストテンション方式は、鋼材とコンクリートの付着により定着する工法でる。
  4. コンクリートのクリープが大きいほど、プレストレスの低下量は大きい。

f:id:masa_mn:20180923090124j:plain

 

 

解答と解説

解答

4.コンクリートのクリープが大きいほど、プレストレスの低下量は大きい。 が適当である。 

 

解説

1.梁部材よりも柱部材に多く用いられる。

 コンクリートは圧縮力には強いが、引張力には弱い。そのため、コンクリート構造体に曲げや引張が生じるとひび割れが発生する。この欠点を補うためにプレストレスを導入している。

 柱よりも梁の方が曲げが作用するため、記述は不適当である。

 

2.プレテンション方式は、定着具によりPC鋼材を部材端部に定着する工法である。

 不適当である。選択支の記述はポストテンション方式の説明である。

 

3.ポストテンション方式は、鋼材とコンクリートの付着により定着する工法でる。

 不適当である。

 

4.コンクリートのクリープが大きいほど、プレストレスの低下量は大きい。

 適当である。圧縮力を導入されたコンクリート部材がクリープするということは、圧縮力によって部材が収縮変形するということである。そのため導入されたプレストレスは減少する。クリープが大きいほど導入されたプレストレスの低下が大きくなる。

 

 

似ている問題へのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp

concrete-gishi.hatenablog.jp

 

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp