鉄筋コンクリート部材の設計について②(平成28年問36)

問題文

 鉄筋コンクリート部材の設計に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。

  

選択肢

  1. 曲げ耐力の算定において、コンクリートの引張応力は無視する。
  2. 曲げ耐力の算定において、断面に生じるひずみは中立軸からの距離に比例するものとする。
  3. コンクリートに加えて軸方向鉄筋にも圧縮力を分担させる。
  4. 曲げ耐力がせん断耐力よりも大きくなるようにする。

f:id:masa_mn:20180923090124j:plain

 

 

解答と解説

解答

4.曲げ耐力がせん断耐力よりも大きくなるようにする。 が不適当である。 

 

解説

1.曲げ耐力の算定において、コンクリートの引張応力は無視する。

 正しい。曲げ耐力の算定は以下の仮定に基づいて設計を行う。

  • コンクリートの引張応力は無視する。
  • 平面保持の過程が成立する。
  •  ひずみは中立軸の距離に比例し、それは破壊に至るまで成立する。

 

2.曲げ耐力の算定において、断面に生じるひずみは中立軸からの距離に比例するものとする。

 正しい。前記のとおり。

 

3.コンクリートに加えて軸方向鉄筋にも圧縮力を分担させる。

 正しい。

 

4.曲げ耐力がせん断耐力よりも大きくなるようにする。

  せん断破壊は曲げ破壊に比べて脆性的な破壊(=一気に壊れる破壊の仕方)のため、曲げ破壊させるように設計しなければならない。

 脆性的な破壊は段階的な破壊ではないため、補修・補強の余地がないため良くないと考えられている。

 

似ている問題へのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp


 

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp