JIS A 5308の規定について(平成28年問19)

問題文

 JIS A 5308(レディミクストコンクリート)の規定に照らして、誤っているものはどれか。

  

選択肢

  1. 購入者は、必要に応じて生産者と協議のうえ、寒中施工時のコンクリートの最低温度を指定することができる。
  2. 生産者は、購入者の承認を受けた場合には、塩化物含有量の上限を0.75kg/m3とすることができる。
  3. 生産者は、普通コンクリートの製造において、置換率20%を上限として回収骨材を使用することができる。
  4. 生産者は、購入者との協議により、運搬時間の限度を2.0時間とすることができる。

f:id:masa_mn:20180923090124j:plain

 

 

 

 

解答および解説

解答

2.生産者は、購入者の承認を受けた場合には、塩化物含有量の上限を0.75kg/m3とすることができる。 が誤っている。

 

解説

1.購入者は、必要に応じて生産者と協議のうえ、寒中施工時のコンクリートの最低温度を指定することができる。

 最高温度、最低温度は協議のうえ指定できる事項である。

 

2.生産者は、購入者の承認を受けた場合には、塩化物含有量の上限を0.75kg/m3とすることができる。

 購入者の承認を受けた場合、0.60kg/m3とすることができる。

 (基本は0.30kg/m3)

 

3.生産者は、普通コンクリートの製造において、置換率20%を上限として回収骨材を使用することができる。

 回収骨材の規定は、2014年の改正で追加された新しい内容。回収骨材は専用の設備で貯蔵、運搬、計量して用いる場合は、置換率の上限を20%とすることができる。

 

4.生産者は、購入者との協議により、運搬時間の限度を2.0時間とすることができる。

  運搬時間の限度は基本的に1.5時間となっているが、購入者との協議により2.0時間とすることができる。

 

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp