コンクリートの塩害による劣化について(平成28年問14)

問題文

 下図は、塩害による鉄筋コンクリート構造物の劣化の進行、およびそれに伴う構造粒の性能低下の概念を模式的に表したものである。図中のA~Dに当てはまる語句の組合せとして、適当なものはどれか。

 

下図

f:id:masa_mn:20180927221705p:plain

選択肢

  1. A:鋼材の腐食開始、B:コンクリートに腐食ひび割れ発生、C:耐力・剛性の低下、D:第三者影響度・美観の低下
  2. A:コンクリートに腐食ひび割れ発生、B:鋼材の腐食開始、C:第三者影響度・美観の低下、D:耐力・剛性の低下
  3. A:鋼材の腐食開始、B:コンクリートに腐食ひび割れ発生、C:第三者影響度・美観の低下、D:耐力・剛性の低下
  4. A:コンクリートに腐食ひび割れ発生、B:鋼材の腐食開始、C:耐力・剛性の低下、D:第三者影響度・美観の低下

f:id:masa_mn:20180923090124j:plain

 

 

解答および解説

解答

1.A:鋼材の腐食開始、B:コンクリートに腐食ひび割れ発生、C:第三者影響度・美観の低下、D:耐力・剛性の低下 が不適当である。 

 

解説

鋼材の腐食開始とコンクリートに腐食ひび割れ発生の前後関係判定

 鋼材のかぶり深さ位置で1.2kg/m3以上の塩化物イオンが存在する場合に腐食が起こるといわれており、当然コンクリートの腐食ひび割れよりも先に鋼材の腐食開始となる。

 鋼材の腐食に伴う膨張に起因してコンクリートに腐食ひび割れが発生する。

 

第三者影響度・美観の低下と耐力・剛性の低下の判定

 鋼材の腐食に伴うひび割れの発生が加速期の開始となる。

 腐食ひび割れは錆汁発生などの第三者影響度・美観の低下を及ぼすので耐力・剛性の低下よりも先行して生じる。

 腐食の著しい発生により、鋼材の断面欠損やコンクリートと鋼材との付着強度の低下が起こり構造耐力が低下する。

 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp