コンクリートの打継ぎについて(平成27年問24)

問題文

 コンクリートの打継ぎに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

選択肢

  1. 旧コンクリートの鉛直打継ぎ面に湿潤面用エポキシ樹脂を塗布し、新しいコンクリートを打込んだ。
  2. 旧コンクリートの打込み時に入念な再振動締固めを行い、水平打継ぎ面のレイタンス処理をせずに、新しいコンクリートを打ち込んだ。
  3. 旧コンクリートの水平打継ぎ面の埃を、低圧で空気を吹き付けて取り除き、新しいコンクリートを打ち込んだ。
  4. 旧コンクリートの鉛直打継ぎ面を十分に乾燥させた後に、新しいコンクリートを打ち込んだ。

f:id:masa_mn:20181007111832p:plain

 

解答および解説

解答

1.旧コンクリートの鉛直打継ぎ面に湿潤面用エポキシ樹脂を塗布し、新しいコンクリートを打込んだ。 が正しい。

 

解説

1.旧コンクリートの鉛直打継ぎ面に湿潤面用エポキシ樹脂を塗布し、新しいコンクリートを打込んだ。

 正しい。鉛直打継ぎ面は、旧コンクリートの打継ぎ面をワイヤブラシ、サンドブラスト、チッピングなどで粗面にし、セメントペースト、モルタル、湿潤面用エポキシ樹脂などを塗布してから新しいコンクリートを打込む。

 

2.旧コンクリートの打込み時に入念な再振動締固めを行い、水平打継ぎ面のレイタンス処理をせずに、新しいコンクリートを打ち込んだ。

 水平打継ぎでも再振動締固め、レイタンスの処理は必ず実施する。

 

3.旧コンクリートの水平打継ぎ面の埃を、低圧で空気を吹き付けて取り除き、新しいコンクリートを打ち込んだ。

 低圧の空気では不十分である。

 

4.旧コンクリートの鉛直打継ぎ面を十分に乾燥させた後に、新しいコンクリートを打ち込んだ。

 旧コンクリートの打継ぎ面が乾燥している状態では、新しいコンクリートの水分が旧コンクリートに吸水され、十分な水和反応が妨げられる恐れがある。

 打継ぎ面は十分に吸水させて、新しいコンクリートを打込む。 

 

 

似ている問題へのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp


 

分野ごとの過去問まとめへのリンク

concrete-gishi.hatenablog.jp