骨材

回収骨材について(平成30年問18)

問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、回収骨材の使用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 選択肢 回収骨材の微粒分量が、未使用の骨材(新骨材)の微粒分量を超えた場合には、使用することができない。 専用…

各種スラグ骨材の製造について(平成30年問2)

問題文 各種スラグ骨材の製造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 銅スラグ細骨材は、炉で銅と同時に生成する溶融スラグを水によって急冷し、粒度調整して製造されるものである。 フェロニッケルスラグ細骨材は、炉でフェロニッケルと同…

コンクリート技士に合格するために覚えること一覧①(セメント・骨材・混和材、混和剤)

過去3年の過去問から覚えるべきことを分野ごとにまとめています。 ここではセメント・骨材・混和材、混和剤について書いています。 セメント 圧縮強度・密度 鉱物組成 エーライト(C3S) ビーライト(C2S) アルミネート(C3A) 混合セメント(高炉セメント…

吸水率の計算について(平成27年問3)

問題文 表乾状態の砂500.0gを105℃で一定質量となるまで乾燥させた後、デシケータ内で室温まで冷やし、その質量を測定したところ487.5gであった。次に示す値のうち、この砂の吸水率として、正しいものはどれか。 選択肢 2.44% 2.50% 2.56% 2.69%

吸水率と表面水率の計算について(平成28年問3)

問題文 湿潤状態の細骨材500.0gを表面乾燥状態(表乾状態)に調整し、その質量を測定したところ491.2gであった。表乾状態の細骨材を105℃で一定の質量になるまで乾燥させた後、デシケータ内で室温まで冷やし、その質量を測定したところ479.3gであった。この細…

ふるい分け試験(粗粒率・粗骨材の最大寸法)(平成29年問3)

問題文 下表は、粗骨材のふるい分け試験の結果である。この粗骨材の最大寸法と粗粒率の組合せとして、正しいのはどれか。 粗骨材最大寸法:20mm-粗粒率:6.74% 粗骨材最大寸法:20mm-粗粒率:7.21% 粗骨材最大寸法:25mm-粗粒率:6.74% 粗骨材最大寸法:25mm…