平成30年

コンクリート技士・2018年(平成30年)の過去問と解答

2018年の問題と解答(白文字)を羅列しています。解説なども見たい方は分野ごとの過去問からどうぞ。1ページがすごく長くなっているので問題で気になるワードがあれば、Ctrl+F(検索のショートカットキー:パソコンのみ)からどうぞ。 concrete-gishi.hatena…

コンクリートの配合計算について(平成30年問8)

問題文 下表のコンクリートの配(調)合に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。ただし、セメントの密度は3.16g/cm3、細骨材の表乾密度は2.59g/cm3、粗骨材の表乾密度は2.64g/cm3とする。 下表 選択肢 単位粗骨材量は、958kg/m3である。 単…

コンクリートの側圧分布について(平成30年問24)☆

問題文 高さ4.5mの鉛直部材の型枠に、スランプ10cmのコンクリートを打上がり速度1.5m/hで打ち込んだ。下図中の実線は、打込み終了時の側圧分布を概念的に示したものである。点線は型絵に作用する側圧を液圧と仮定した場合の分布である。コンクリートの側圧分…

鉄筋コンクリートラーメン構造の曲げひび割れについて(平成30年問34)

問題文 梁と柱からなる鉄筋コンクリートラーメン構造において、下図の曲げひび割れを発生させる荷重の位置および方向を示したa~dのうち、適当なものはどれか。 下図 選択肢 a b c d

正誤問題について②(平成30年問43~問47)

問43問題文 コンクリートの動弾性係数は、静弾性係数よりも一般に10~40%程度小さい値を示す。

正誤問題について③(平成30年問49~問54)

問49問題文 鉄骨鉄筋コンクリート梁において、鉄骨のフランジ下端へコンクリートを確実に充填させるために、鉄骨のフランジ下端へ両側から同時に打ち込んだ。

正誤問題について①(平成30年問37~問42)

問37問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)に規定される高強度コンクリートにJIS R 5214(エコセメント)に適合した普通エコセメントを使用した。

高強度コンクリートの製造および施工について(平成30年問32)☆

問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)における呼び方「高強度 60 60 20 N」のコンクリートの製造および施工に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 製造時における細骨材の表面水率の測定は、一般のコンクリートよりも頻度を…

コンクリートの運搬について(平成30年問20)☆

問題文 現場内におけるコンクリートの運搬に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 コンクリートバケットをクレーンで運搬する方法は、材料分離を生じにくい。 スクイズ式のコンクリートポンプは、ピストン式のコンクリートポンプと…

コンクリートの各種強度について(平成30年問11)☆

問題文 一般のコンクリートの各種強度を大きい順に並べた場合、適当なものはどれか。 選択肢 圧縮強度 > 支圧強度 > 曲げ強度 > 引張強度 支圧強度 > 圧縮強度 > 曲げ強度 > 引張強度 圧縮強度 > 支圧強度 > 引張強度 > 曲げ強度 支圧強度 > 圧縮…

マスコンクリートの温度ひび割れについて(平成30年問30)☆

問題文 マスコンクリートの温度ひび割れに関する次の記述において、空欄に入る用語の組合せのうち、正しいものはどれか。 温度ひび割れは、その発生メカニズムにより二つのタイプに分けられる。一つは、コンクリートの表面と内部の温度差に起因して生じる(…

コンクリートの中性化について(平成30年問13)☆

問題 コンクリートの中性化に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 中性化の進行は、コンクリートが著しく乾燥している場合や濡れている場合には遅くなる。 中性化の進行は、仕上げのない場合、屋内側の方が屋外側よりも速い。 中性化の進…

コンクリートの打継ぎについて(平成30年問22)☆

問題文 コンクリートの打継ぎに関する次の一般的な記述のうち、不適当なもののはどれか。 選択肢 鉛直打継目には、水密性が要求される場合、止水版を用いるのがよい。 打継ぎ位置は、せん断力の小さい部分に設けるのがよい。 打継ぎ面は、レイタンスを取り除…

コンクリート製品の成形・締固めについて③(平成30年問35)☆

問題文 工場製品に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。 選択肢 即時脱型を行う工場製品には、スランプ2.5cmのコンクリートが用いられる。 促進養生を行う工場製品のコンクリート強度の管理は、20℃封かん養生の試験値が用いられる。 蒸気養生…

コンクリートの空気について(平成30年問10)☆

問題文 コンクリートの空気に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 コンクリートの細骨材率が大きくなると、空気量は増大する。 0.3~0.6mmの粒径の細骨材を多くなると、空気量は連行されやすくなる。 エントラップエアは、コンクリ…

コンクリートの養生について(平成30年問23)☆

問題文 コンクリートの養生に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 鉛直打継目には、水密性が要求される場合、止水版を用いるのがよい。 打継ぎ位置は、せん断力の小さい部分に設けるのがよい。 打継ぎ面は、レイタンスを取り除いた後、十分…

舗装コンクリートについて(平成30年問27)☆

問題文 舗装コンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 スランプ2.5cmのコンクリートのダンプトラックでの運搬時間の限度を1時間とした。 粗骨材のすりへり減量の限度を35%とした。 材齢28日における圧縮強度を設計の基準とした。 …

鉄筋の加工および組立てについて(平成30年問26)☆

問題文 鉄筋の加工および組立てに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 鉄筋の交点の要所は、直径0.8mm以上の焼きなまし鉄線またはクリップで緊結する。 鉄筋の曲げ加工は、常温で行うのが原則である。 鉄筋のあきの最小寸法は、粗骨材の最…

回収骨材について(平成30年問18)☆

問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、回収骨材の使用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 選択肢 回収骨材の微粒分量が、未使用の骨材(新骨材)の微粒分量を超えた場合には、使用することができない。 専用…

生コンの製造について(平成30年問29)☆

問題文 寒中コンクリートに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。 選択肢 5℃で28日間養生した場合と、20℃で7日間養生した場合のコンクリートの積算温度は同じである。 コンクリートの練上がり温度を高くするには、セメントを加熱することが効果的であ…

プレストレストコンクリートについて(平成30年問36)☆

問題文 プレストレストコンクリートに関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 プレテンション方式は、プレキャストコンクリート工場で同一種類の部材を大量に製造する場合に用いられることが多い。 ポストテンション方式は、現場でプ…

各種混和材について(平成30年問3)☆

問題文 各種混和材料に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 高炉スラグ微粉末を用いると、硫酸塩や海水の作用によるコンクリートの劣化に対する抵抗性が高くなる。 フライアッシュを用いると、その未燃炭素含有量が少ないほど、コ…

各種スラグ骨材の製造について(平成30年問2) ☆

問題文 各種スラグ骨材の製造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 銅スラグ細骨材は、炉で銅と同時に生成する溶融スラグを水によって急冷し、粒度調整して製造されるものである。 フェロニッケルスラグ細骨材は、炉でフェロニッケルと同…

海水の作用を受けるコンクリートについて③(平成30年問31)

問題文 海水中のコンクリート構造物の劣化現象とその主な原因となる海水中に含まれる塩類の組合せのうち、適当なものはどれか。 選択肢 コンクリート中の鋼材腐食:硫酸カリウム(K2SO4)、コンクリートの体積膨張によるひび割れ:硫酸マグネシウム(MgSO4)…

フレッシュコンクリートの材料分離について③(平成30年問9)

問題文 コンクリートのブリーディングを低減させるための対策として、不適当なものはどれか。 選択肢 細骨材を粗粒率の大きいものにした。 細骨材率を大きくした。 石灰石微粉末を使用し、単位紛体量を多くした。 高性能AE減水剤を用いて単位水量を少なくし…

水セメント比を小さくした場合の効果について(平成30年問7)

問題文 コンクリートの配(調)合において、水セメント比を小さくした場合の効果に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。 選択肢 中性化に対する抵抗性を向上させる効果がある。 アルカリシリカ反応による膨張を抑制する効果がある。 水和熱に…

生コンに使用できる材料について(平成30年問17)

問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)に規定される普通コンクリートの製造において、使用できないものは、以下のうちどれか。 選択肢 JIS A 5011-3(コンクリート用スラグ骨材-第3部:銅スラグ骨材)に適合した銅スラグ細骨材 JIS A 5201(コ…

暑中コンクリートについて(平成30年問28)

問題文 暑中コンクリートに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。 選択肢 運搬中のスランプ低下を防ぐために、促進形のAE減水剤を用いた。 空気が連行されやすいので、AE剤の使用量を減らした。 コンクリート温度を下げるために、練り混ぜたコンクリー…

コンクリートの圧送について④(平成30年問19)

問題文 コンクリートの圧送に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。 選択肢 ベント管の数を多くすると、圧送負荷が小さくなる。 圧送距離を長くすると、圧送負荷が小さくなる。 時間当たりの吐出量を多くすると、圧送負荷が大きくなる。 輸送…

材料の計量誤差について②(平成30年問15)

問題文 下表はレディミクストコンクリート工場において、2m3のコンクリート製造時の各材料の計量結果である。JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、量り取られた計量値が計量値の許容差を超えているものはどれか。 下表 選択肢 セメ…