セメント

各種セメントの規定について(平成30年問1)

問題文 JIS R 5210(ポルトランドセメント)、JIS R 5211(高炉セメント)およびJIS R 5213(フライアッシュセメント)の規定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 選択肢 普通ポルトランドセメントに対して、材齢1日における圧縮強さの下限値が規…

コンクリート技士に合格するために覚えること一覧①(セメント・骨材・混和材、混和剤)

過去3年の過去問から覚えるべきことを分野ごとにまとめています。 ここではセメント・骨材・混和材、混和剤について書いています。 セメント 圧縮強度・密度 鉱物組成 エーライト(C3S) ビーライト(C2S) アルミネート(C3A) 混合セメント(高炉セメント…

各種セメントのけい酸二カルシウムの含有量について(平成27年問2)

問題文 JIS R 5210(ポルトランドセメント)に規定されている普通・早強・中庸熱・低熱ポルトランドセメントは、けい酸二カルシウム(C2S)と呼ばれる化合物を含んでいる。C2S含有量を多い順に並べた次の組合せのうち、正しいものはどれか。 選択肢 早強>普…

混合セメントの規定について(平成27年問1)

問題文 混合セメントの規定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 選択肢 JIS R 5211(高炉セメント)では、高炉セメントB種の高炉スラグの分量を質量で30%を超え、60%以下と規定している。 JIS R 5211(高炉セメント)では、混合材として…

各種セメントの用途について(平成28年問2)

問題文 各種セメントの用途に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 早強ポルトランドセメントは、プレストレスコンクリートに適している。 中庸熱ポルトランドセメントは、高流動コンクリートに適している。 フライアッシュセメント…

各種セメントの強度発現、密度、比表面積について(平成28年問1)

問題文 下表は、普通、早強、中庸熱、低熱の各ポルトランドセメントおよび高炉セメントB種について、JIS R 5201(セメントの物理試験方法)によって求めた密度、比表面積および圧縮強さの試験結果を示したものである。表中に示すCのセメントとして、適当なも…

JIS R 5210 ポルトランドセメントの規定について(平成29年問2)

問題文 JIS R 5210(ポルトランドセメント)の規定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 早強ポルトランドセメントは、普通ポルトランドセメントよりも比表面積の下限値が小さく規定されている。 中庸熱ポルトランドセメントは、けい酸三カルシウム…

強度発現性によるセメント種別の判定について(平成29年問1)

問題文 下図は普通、中庸熱、低熱ポルトランドセメントについて、JIS R 5201(セメントの物理試験方法)によって求めた圧縮強さの試験結果の一例を示してたものである。試験結果Cのセメントとして、適当なものはどれか。 下図 選択肢 普通ポルトランドセメン…