2018-09-15から1日間の記事一覧

コンクリートの打込みおよび締固めについて(平成29年問23)

問題文 コンクリートの打込みおよび締固めに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。 均一で密実なコンクリートにするため、同一箇所で振動機を用いてできるだけ長時間締め固めるのがよい。 型枠に作用する側圧を小さくするため、打込み速度はできるだけ…

コンクリートの圧送について(平成29年問21)

問題文 コンクリートポンプによる圧送に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。 コンクリートの単位セメント量が少ない方が、圧送性が低下する。 コンクリートの細骨材率が高い方が、圧送性が低下する。 コンクリートのスランプが小さい方が…

コンクリート材料の計量について(平成29年問18)

問題文 コンクリート材料の軽量に関する次の記述のうち、JIS A 5308(レディミクストコンクリート)の規定に照らして、正しいものはどれか。 袋詰めされたセメントを使用する場合、袋の数で量って使用した。 セメントを、あらかじめ軽量してある混和材に累加…

各種コンクリートの単位容積質量について(平成29年問17)

問題文 下表に示す各種コンクリートの用途・部材とセメント以外の主な材料の組合せに対応する単位容積質量の概略値のうち、適当なものはどれか。 下表

海水の作用を受けるコンクリートについて(平成29年問16)

問題文 海水の作用を受けるコンクリートに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。 物理的な侵食は、飛沫帯や干満帯よりも海中部の方が生じやすい。 化学的抵抗性は、高炉セメントB種よりも普通ポルトランドセメントの方が高い。 海水中の硫酸マグネシウ…

アルカリシリカ反応の抑制方法について(平成29年問15)

問題文 アルカリシリカ反応の抑制方法に関する次の記述のうち、JIS A 5308付属書B(アルカリシリカ反応抑制対策の方法)に照らして、誤っているものはどれか。 コンクリートの水セメント比を55%以下とする。 コンクリート中のアルカリ総量を3.0kg/m3以下…