コンクリートの配合計算について(平成30年問8)

問題文 下表のコンクリートの配(調)合に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。ただし、セメントの密度は3.16g/cm3、細骨材の表乾密度は2.59g/cm3、粗骨材の表乾密度は2.64g/cm3とする。 下表 選択肢 単位粗骨材量は、958kg/m3である。 単…

コンクリートの側圧分布について(平成30年問24)☆

問題文 高さ4.5mの鉛直部材の型枠に、スランプ10cmのコンクリートを打上がり速度1.5m/hで打ち込んだ。下図中の実線は、打込み終了時の側圧分布を概念的に示したものである。点線は型絵に作用する側圧を液圧と仮定した場合の分布である。コンクリートの側圧分…

鉄筋コンクリートラーメン構造の曲げひび割れについて(平成30年問34)

問題文 梁と柱からなる鉄筋コンクリートラーメン構造において、下図の曲げひび割れを発生させる荷重の位置および方向を示したa~dのうち、適当なものはどれか。 下図 選択肢 a b c d

正誤問題について②(平成30年問43~問47)

問43問題文 コンクリートの動弾性係数は、静弾性係数よりも一般に10~40%程度小さい値を示す。

正誤問題について③(平成30年問49~問54)

問49問題文 鉄骨鉄筋コンクリート梁において、鉄骨のフランジ下端へコンクリートを確実に充填させるために、鉄骨のフランジ下端へ両側から同時に打ち込んだ。

正誤問題について①(平成30年問37~問42)

問37問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)に規定される高強度コンクリートにJIS R 5214(エコセメント)に適合した普通エコセメントを使用した。

高強度コンクリートの製造および施工について(平成30年問32)☆

問題文 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)における呼び方「高強度 60 60 20 N」のコンクリートの製造および施工に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。 選択肢 製造時における細骨材の表面水率の測定は、一般のコンクリートよりも頻度を…